Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /export/sd07/www/jp/r/e/gmoserver/1/9/sd0045619/sub.jbadreams.com/jba-km/wordpress-4.8-ja-jetpack_webfont-undernavicontrol/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
レッドベアーズ優勝!!! | JBA熊本

レッドベアーズ優勝!!!

12月4日(火)にクラブバスケットボール選手権大会の決勝戦が行われました。
決勝カードは、【レッドベアーズVSエネステージ九州】
過去3年間、3度レッドベアーズは、エネステージ九州に涙を飲んでいます。
九州3位の実力を持つ王者に3度目の正直、いや、4度目の正直で挑んだレッドベアーズ。
見事、創部4年目にして悲願の、優勝!!
選手兼コーチの梅田智之選手は、『これで、引退できる(笑)』と、笑顔でメンバーと話していたようです。

レッドベアーズは、4年前に熊本に、子供たちの見本となるようなチームを作ろう!!という号令で、結成されたチーム。
はじめは、梅田選手を含め3人で、スタート。
それから、人数を集め、現在に至る。
彼らの意気込みは、プレースタイルにも反映され、今では、知る人ぞ知る熊本トップチームになった。
現在では、小学1年生から、中学生を対象にレッドベアーズジュニア、キッズを創り、梅田選手を中心に、スクールを行っている。

このような、梅田選手にインタビューしてきました。

がっちゃん『優勝おめでとうございまーーす!!どのような意気込みで今回の決勝戦に臨みましたか?』

梅田選手 『毎回毎回、エネ(エネステージ九州)には、負けていたから、どぎゃんかせんといかんって感じだったね〜(笑)どぎゃんかして勝つ!!それだけだったよ』

がっちゃん『あはは、どげんかせんといかん!!の熊本バージョンですね(笑)過去、3回エネステージ九州に敗れていたわけですが、今回の勝因は何だったのでしょうか?』

梅田選手 『チーム全員一丸となったって事だよね。ベンチも含めて、全員の気持ちが一つになった事が勝因だね。ベンチからもとにかく声が出てたし、ホント声だけは、どのチームにも負けない自信があるよ。』

がっちゃん『決勝戦で勝った時、どのような気持ちでしたか?』

梅田選手 『皆ありがとう!!』

がっちゃん『一緒にプレーした選手にありがとうという、気持ちだったんですね』

梅田選手 『もちろん、チームメートにも感謝だけど、応援をしてくれた人、支えてくれた人に感謝だよね。バスケットは、応援を含めて、一人ではできないからね。あと、プレッシャーも感じてます』

がっちゃん『プレッシャーですか?』

梅田選手 『うん。エネの人たちは、九州大会で3位の実績を収めてるから、(九州大会で)一回戦敗退とは、いかんよね。』

がっちゃん『なるほど。それでは、その九州大会に向けての意気込みをお聞かせ下さい。』

梅田選手 『チーム一丸で一戦一戦、戦ってどこのチームにも負けない!!声と気持ちは、負けないだろう!!』

がっちゃん『ありがとうございました。九州大会頑張ってください。』

梅田選手の持っている熱い気持ちを改めて感じました。そして、梅田選手は、将来の事も熱く語っておられました。
バスケットを好きで、一生懸命頑張っている人たちが、安心して練習に打ち込める環境を作っていきたい。そして、そのような人たちが、最終的にプロとして、バスケットをプレーできることを望む。まず、レッドベアーズとしては、毎回、強いチームに勝っていくこと。そのためには、子供たちに、バスケットを教えていくことも、自分の意識を高めることに必要だ。

このように、選手としても、今後のバスケットボール界ついても、熱く、熱く、考えておられました。九州大会で、レッドベアーズの熱い気持ちで一丸となり、素晴らしい結果を期待しています。

がんばれ!!レッドベアーズ!!