Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /export/sd07/www/jp/r/e/gmoserver/1/9/sd0045619/sub.jbadreams.com/jba-km/wordpress-4.8-ja-jetpack_webfont-undernavicontrol/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
JBA 第二回全九州U−15バスケットボール交歓大会 | JBA熊本

JBA 第二回全九州U−15バスケットボール交歓大会

4月5日(土)・6日(日)にJBA 第2回全九州U−15ジュニアバスケットボール交歓大会が無事終了しました。

多くの選手、指導者、保護者が集まり、春を通り越し、夏のように熱い大会となりました。
2日目から、レッドベアーズスクールからも16名(中3・1人、中2・4人、中1・11人)でチームとして参加しました。

中学3年生主体のチームに体格で大きく劣るレッドベアーズ。
そこで、チームのルール!!
?、声を出す(コミニケーション)
?、スクリーンアウト(ボックスアウト)
?、ボールライン
声を出し合う事によって、ボールマンにプレッシャーを与える事が出来、互いのディフェンスポジションを確認し、カバーディフェンスで粘り強くディフェンスする事ができた。
スクリーンアウトをしっかり、行う事で、体格的に劣っていても、シュート後のルーズボールに飛びつくことができた。
ボールラインを意識することによって、一つのボールを5人で守るという意識ができた。

試合の勝ち負けに囚われず、しっかりと、チームのルールを守ることを心掛け、良い試合を行う事ができました。

お昼には、西田コーチの未来に向ってバスケットボールをしている選手達への言葉掛け。


真剣に、キラキラ輝く目で、選手達は、お話を聞いていました。

その後、フリースロー大会。

各チーム2名ずつ代表選手を出し、一本ずつの対決。4名生き残りで賞品ゲット。
少し残念な事に、一発で決定。。。4人の選手しかフリースローを決められなかった。(泣笑)

4人の選手に今後の夢のインタビュー!!

『NBA選手になりたいです!!』
という夢も出て、とても嬉しく感じました。
実行委員の佐野さんのマイクパフォーマンスも有り、とても和やかなフリースロー大会となりました。
その後も試合が続き、無事終了となりました。

レッドベアーズとしても、個人の課題、チームの課題、コーチの課題が見つかり、とても素晴らしい大会でした。

今大会を企画、実行してくださった、山岡委員長、佐野理事、そして人吉の関係者の方々ありがとうございました。

関連記事:TATSUMI BLOG

今大会の実行委員の佐野さんからのコメントが届いているので、紹介させてもらいます。
九州クラブチームの大会発足の意図。
中学生の場合、「バスケットをする」ということは、学校の部活に所属しないとすることはできません。
逆に言えば、中学生でバスケットをするには、部活に入るしかありませんでした。
その関係の中で、部活を辞めた子、学校に部活が無い子、部活の活動以上に向上心をもってバスケットをしたい子…など、どうしても部活となじめない子は存在します。
このことは、学校が悪いわけではなく、子どもたちも悪いわけではなく、人が集まり活動をすれば、多少なりとも合わない子はどうしても存在していきます。
不登校の子がフリースクールをもとめたり、英語力で将来の生計を考えている子が学校の勉強以外に塾や英会話教室をもとめたり、学校を中心としてもそれ以外の発想はでてくるものです。
また、地域型スポーツクラブの整備など、地域における役割をベースに考えていくこともあります。
中学生のバスケットのチームやバスケットをしたい子達の環境が時代と共に少しずつ変化もしてきています。
学校の部活も、一つのチームと考え、また、地域のチーム、仲間内のチーム、指導者によるチームなど様々なチームの一つのチームと考え、全てのチームを大きくとらえたときに、バスケット愛好者の自由なチームの選択が生まれます。
本大会は、チームとしての垣根を越え、将来においてバスケットを愛する人たちを仲間として交流ができたらいいと考えます。

今大会の感想。
去年の第一回大会は、一日大会で、純粋にクラブチームだけの大会でした。
今回は、クラブチームや部活の垣根を取り去りオープンに参加チームを募集し二日間大会を企画しました。
思った以上に参加チームもあり、また、ウオンさん(東海大学九州校コーチ)によるスキルアップクリニックを取り入れたり、大会による試合と交流、技術アップなど参加者全員がバスケットを楽しめたと思います。
試合による勝敗も、勝って学ぶこと、負けて学ぶことなどのチームとしての課題もあったと思います。
今後の各チームの活躍が楽しみです。
最後に、参加したチームはもちろん、大会運営に協力していただいた多良木高校の方々、審判のお手伝いをしていただいた方々、また保護者の方々にはあつく御礼を申し上げます。

次回への課題、抱負。今後のクラブ大会について。
まだまだ、生まれたての大会ですので、いろんな可能性を試行錯誤しながらいい大会へとしていきたいと思います。
今後とも、よろしくお願いします。

[:バスケットボール:]大会の一コマ[:バスケットボール:]